メルボルンの小学校にて和菓子教室開催

長野県にある私立・才教学園中学校の50名の生徒さんがメルボルンのParktone Primary Schoolの生徒さんに和菓子を教えるプログラムをサポートさせて頂きました。


才教学園はParktone Primary Schoolと姉妹校の関係にあります。今回は4泊6日の修学旅行でホームステイをしながら現地生徒たちとコミュニケーションをし、国際感覚や自立心を養うことを目標としています。その一環として270名のParktone Primary Schoolの生徒さんに日本の伝統文化である和菓子の作り方を教えます。そのためまず私が事前に日本で作り方をお教えし、準備をして5月下旬に皆で現地に向かいました。


Parktone Primary Schoolでは日本語を第二外国語として学んでいます。生徒さんの日本への関心も高く、毎年日本文化を体験する「Japan Day」を開催しています。世界のリーダーを育てることを目標とし、大変興味深い教育を行っています。


イベントでは生徒さん同士のコミュニケーションもスムーズに行き、皆楽しそうに和菓子を作っていました。

和菓子(お干菓子、練り切り)は「クック膳」と「和菓子の型」で簡単に作れるので、小学生でも無理なく作ることが出来ます。


このプロジェクトは大成功に終わり、来年も続くこととなりました。


楽しそうに和菓子を作る子供達


「和菓子の型」を使って型を取ります


世界を牽引するリーダーを育てることを目標としています